過去が希望をくれる。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
お年玉下さい子ちゃん


いやもうそろそろあげなきゃいけないころなんですけどね。

どうも青木です。さすがにもうもらってないですよ。
お年玉といえば小中学生のころなどはその1年の羽振りを決める重要な収入源でした。
羽振りと言ってもその頃は使う場面もそうそうないのと
妙にお金を使うということに抵抗を感じていた私のお年玉は、
たいてい少し余って翌年に繰り越しでした。

そんな私が祖母からもらった万札を一気に使ったことがあります。
コピックです。 1本400円もするあの色とりどりのペンは私にとってはもう宝のようでした。
それまでなにか頑張るとご褒美として1本買ってもらうことがありましたが
画材屋に赴いた際、カラフルな頭を並べているあの光景を見てしまったが最後、
私はどうしも一式欲しくなってしまいました。
コピックはたいていばら売りと5本セット、12本セット、24色セット…とくくってあるものもあります。
父は思い切って24色くらい買っちまえと言ってくれましたがその時の私の目に映っていたのは
そのまた上の72色セットでした。これはもう1万円を超えています。
悩みました。
なんせそれまで一回で万札を出す機会などありませんでしたので、
随分と自分が浪費をしているような感覚にとらわれたためです。
24色でも十分ではありますが72色もそろうと
店頭にある数百色を彷彿とさせる壮大さが漂っていました。
一人っ子ではありますがあまりものを欲しがったことがない私が欲しいもので悩むのを見て
父は「買いなさい。」とだけ言って私のそばを離れてゆきました。
子供ながらその「買いなさい」ですべての罪悪に許された気がして、
握りしめていた福沢諭吉も「私に任せなさい」といっているようで頼もしく見えました。

そして私はコピック72色セットを買ったのです。

そのコピックたちは10年ほどたったいまでも健在です。
メンバー入れ替えや追加加入、先発の卒業など紆余曲折ありましたが
未だに1期メンバーで残っている者もいます。

当時と比べ使う頻度は格段に落ちましたが
小畑さんの画集などを眺めるたびに無性に使いたくなる画材です。

付きでコメレスや拍手レス





 
rahainaさん>>
随分と前のレスになってしまってすみません。
私がいろんなものを描くのは描けないものがあるのが嫌という
単なる負けず嫌いです。とはいえ描けないものの方が圧倒的に多いです。
この車はサンダーバードで検索してでてきた写真なのでどこかにはあります。
小悪魔ちゃんは一応オリジナルキャラです、
今後もかわいがってやっておくんなまし。


ゆきぃさん>>
ありがとうございます〜〜より精進していきます。
ラジオはもうすぐ次のものを公開予定です。お楽しみに〜
- comments(1) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








21歳社会人2年目。
差し出されたポチ袋を拒むことができなかったのは紛れもなく、そう、私です。
from. ぷく | 2014/01/14 17:41 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://3051001503.jugem.jp/trackback/309
<< NEW | TOP | OLD>>